ニート A

ま~た戻っちまったよ・・・・・ニートによ・・・・・・
ニート A TOP  >  スポンサー広告 >  趣味  >  音楽 >  2013年の私的音楽事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年の私的音楽事情

僕にとっての2013年はほぼゆらゆら帝国とその周辺のみを聞いていた年であった。今年1月に発売された坂本慎太郎の「まともがわからない」にはまって以来すっかりゆらゆら帝国に目覚めてしまった。特に「sweet spot」と「空洞です」は何度聞いたか分からない。これからもこの2枚を聞くたびに結局最後までニートだった(そうならない可能性もわずかにあるが)2013年を思い出すだろう。

ゆら帝以外には坂本氏が影響受けたという古いロックを多く聞いた。坂本氏が好むバンド(suicide等)は正直僕には何がやりたいのかよく分からないバンドが多くまだ咀嚼しきれていないところも多々あるものの 、概ね新しい表現に出会えた刺激的な音楽体験ができたと思う。

その反面今年は過去最も新譜を買わなかった年でもあった。洋邦合わせても両手で足りる程度にしか新譜には手を出さなかったと思う。これはやっぱり寂しいことなんだろうな。毎年音楽が更新されていると思いたい。過去を下敷きにより刺激的になっていると思いたい。今の自分が去年の自分よりはマシだと思いたいのと同じように。

僕が聞いた数少ない新譜の中で選ぶとしたら邦楽は坂本慎太郎の「まともがわからない」洋楽はdeerhunterの「monomania」を挙げたい。邦楽は上記のもの以外全てはずれだった。相対性理論「town age」も正直肩透かしだったし。deerhunterにはけっこうビリビリっときた。ブラッドフォード・コックスの死にかけのコオロギが無理やり絞り出すような(誉めてます)痛々しいボーカル。ビートルズのようなグッドメロディーの曲でさえ彼の声がのるとどうしようもなくいびつで歪んだものになってしまう。この人は普通の人達の中にまぎれるのは無理だと思うので、恐らくこれからも音楽を続けていくだろう。たまに自分の人生がエクストラハードモードに思える人にはけっこうくるバンドなのでは。




[ 2013年12月20日 12:19 ] カテゴリ:音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ヨークー

Author:ヨークー
またしてもニート
→もっと詳しく

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

Twitterでつぶやいています
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。