ニート A

ま~た戻っちまったよ・・・・・ニートによ・・・・・・
ニート A TOP  >  2013年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年の私的音楽事情

僕にとっての2013年はほぼゆらゆら帝国とその周辺のみを聞いていた年であった。今年1月に発売された坂本慎太郎の「まともがわからない」にはまって以来すっかりゆらゆら帝国に目覚めてしまった。特に「sweet spot」と「空洞です」は何度聞いたか分からない。これからもこの2枚を聞くたびに結局最後までニートだった(そうならない可能性もわずかにあるが)2013年を思い出すだろう。

ゆら帝以外には坂本氏が影響受けたという古いロックを多く聞いた。坂本氏が好むバンド(suicide等)は正直僕には何がやりたいのかよく分からないバンドが多くまだ咀嚼しきれていないところも多々あるものの 、概ね新しい表現に出会えた刺激的な音楽体験ができたと思う。

その反面今年は過去最も新譜を買わなかった年でもあった。洋邦合わせても両手で足りる程度にしか新譜には手を出さなかったと思う。これはやっぱり寂しいことなんだろうな。毎年音楽が更新されていると思いたい。過去を下敷きにより刺激的になっていると思いたい。今の自分が去年の自分よりはマシだと思いたいのと同じように。

僕が聞いた数少ない新譜の中で選ぶとしたら邦楽は坂本慎太郎の「まともがわからない」洋楽はdeerhunterの「monomania」を挙げたい。邦楽は上記のもの以外全てはずれだった。相対性理論「town age」も正直肩透かしだったし。deerhunterにはけっこうビリビリっときた。ブラッドフォード・コックスの死にかけのコオロギが無理やり絞り出すような(誉めてます)痛々しいボーカル。ビートルズのようなグッドメロディーの曲でさえ彼の声がのるとどうしようもなくいびつで歪んだものになってしまう。この人は普通の人達の中にまぎれるのは無理だと思うので、恐らくこれからも音楽を続けていくだろう。たまに自分の人生がエクストラハードモードに思える人にはけっこうくるバンドなのでは。




スポンサーサイト
[ 2013年12月20日 12:19 ] カテゴリ:音楽 | TB(0) | CM(0)

手持ち無沙汰

今日は新しい企業に履歴書を送り、求人の検索をした。一通りの作業を終えたのはだいたいお昼の12時頃。つまり一日の用事が午前中に終わってしまったことになる。それでも今日はまだましなほうだったりする。いつもは求人検索をするだけなので午前10時には早くも手持ち無沙汰になってしまう。正直就活といっても実際に検索をしたり履歴書を書いたり面接に行く等の“活動”をしている時間はごくわずかである。一日のうち8時間就活にさいているとしら実際に“活動”しているのは正味1時間くらいのものだと思う。いや、もっと少ないかもしれない。僕が今感じている憂鬱は有り余る時間に対してであって、“活動”そのものに対してではない。むしろ今日のように履歴書を書いたり面接に行く用事があったりすると気持ちが盛り上がる。適度な緊張感を感じるし、時間が経つのも早い。それなりの充実感もある。

僕はもう就活にうんざりしている。さっさとこんな日々から抜け出したいと思っている。今の僕には、一日があまりに長く感じられる。
[ 2013年12月18日 16:51 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

不・採・用

こないだの面接の結果はタイトルの通りであった。
こっちは今日で就活終える気満々だったんだが。受かったことを誰に報告しようかな~とかハロワの担当の人は何のお菓子が好きかな~とか恐らく仕事がはじまるのは来年からだろうからそれまで郵便配達のバイトでもして小金を稼ごうかな~とか考えてたんだが。はぁ~あ。もう少し甘い夢を見ていたかったよ。

まあ正直今回のとこが受かるかどうかは微妙だとは思っていた。面接の2日後くらいまでは危機感を保てていたと思う。ところが3日経ち4日が経つにつれなんだかひょっとしたら受かったんじゃないかという気持ちが段々と自分の中で膨らんできて、1週間も経つ頃にはすっかり自分は受かったような気持ちになっていた。気持ちが変化するにつれ求人の検索もかなり適当になっていった。現に面接を受けて以来応募したい企業を開拓できていない。その結果がこれですよ。まったくこれだから人間てやつは。カイジじゃないけど何度も何度も自分に現実を見るように言い聞かせてきたはずなのに、いつの間にか自分に都合のいい夢をこしらえているのだから。

2週間ぶりくらいに戻ってきた現実はなかなかに寒々しい。今年もあと2週間か~。こりゃあ今年中にブログタイトルを変更するのは難しそうだなあ。
[ 2013年12月16日 16:28 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

気怠い

面接の結果は16日にくるらしい。そういう訳で暇である。面接後しばらく続いた適度な緊張感というか意識の冴え的なものはこの土日の間にどっかに吹っ飛んでいってしまった。昼食後のセノバフードコートの窓際。今、とても眠い。

面接後、また新たに2つの企業に応募をした。この間のとこが受かるかどうか分からないしね。たぶん今週中に応募した企業から面接の日程を伝える電話―かもしくは永久に面接するつもりはないことを告げる通知が届くだろう。もちろん面接まで進めればありがたいけれども、ダメだったとしてもまあそれはそれでいい。とりあえず結果が分かれば次の行動に移れる。

フードコートは今日も勉強する学生で賑わっている。ああ、それにしても眠いなあ
[ 2013年12月09日 13:52 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

思ったこと

今日は午後2時から面接である。割りと久しぶりの面接である。であるからしてけっこう緊張している。昨日の夜から既に緊張しており眠れるか心配していたのだけど、普通に眠れた。ありがとうニック・ドレイク。近頃寝るときはもっぱらニック・ドレイクのピンクムーンばかり流している。アコギの音が心地よい。

それにしても、自分が緊張しいだったのを久しぶりに思い出した。それはつまりこの2ヶ月間緊張するようなシーンにいっさい遭遇していなかったということだ。それはそれでけっこうすごいような気がする。60日もの間、俺は緊張感とは無縁で過ごしてきたのか~へぇ~ほぉ~へぇ~。

だからこそ、だろうか、今久しぶりに感じている緊張感が自分にとって随分新線な感覚に思える。プレッシャーから早く解放されたいという思いもあるけれど、自分の意識が研ぎ澄まされているのも感じる。毎日この感覚がもてるとしたら、うつなんかとは無縁で生きられるのではなかろうか。結局のところ、この緊張感は人が健康に生きるにはそれなりに必要なものなんだろうな。緊張と休息のバランスをとるためにも外にでて働くのはいいことなんだろう。

今日はそれなりの充実した一日になる予感がある。面接の手応えが良かったとしても、そうでなかったとしても。
[ 2013年12月04日 11:15 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

明日は面接らしい

明日はひっさしぶりの面接である。たしか最後に面接を受けたのが10月の8日(だったかな?)だからまあ約2ヶ月ぶりということになる。はっきり言って非常に受かりたい。今の生活はもういい。図書館飽きた。そして何よりもお金がほしい。

明日受けるとこは中小企業のトライアル枠で条件は大卒。職種は1年ほど製造をして商品知識を得てから販売営業にうつると求人表には書いてある。福利厚生はけっこう悪くない。休みも給料もそれなりにある。会社のホームページを見てから実際に事務所も見に行ってみたのだけど、なかなか悪くない雰囲気だった。とりあえずここで働いてみたいと思えてよかった。この気持だったらそれなりに嘘っぽくない応答ができると思う。自分が興味のない企業の面接は単なる不幸でしかない。できることなら今年中に無職を脱出して、2013年をニートa最後の年にしたいなあ。



[ 2013年12月03日 13:37 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ヨークー

Author:ヨークー
またしてもニート
→もっと詳しく

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

Twitterでつぶやいています
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。