ニート A

ま~た戻っちまったよ・・・・・ニートによ・・・・・・
ニート A TOP  >  2012年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

My Bloody Valentine 『Loveless』

僕はロックミュージックが好きで、これまでいろいろと聴きあさってきました。

数をこなしていると、たまにこれはちょっとすごいな、と思うものに出くわすことがあります。

My Bloody Valentineの『Loveless』はそんな“ちょっとすごい”もののの一つです。

このアルバムは、ディスクガイドなどでは必ず紹介される、いわゆる“ロックのマスト盤”です。

僕の持っているディスクガイドでは「90年代のロックに最も大きな影響を与えた作品のひとつで、ロックの金字塔」とレビューされています。

まさにべた褒め。
でも実際すごいんです、このアルバム。

音楽は数ある表現の中でも、仮想世界をつくりやすい分野だと言われていますが、Lovelessはとびっきり濃密な世界をつくりあげることに成功していると思います。

アルバムタイトル通りの、「Loveless(愛なき世界)」がそこにはある!

音楽的特徴については、いろんなところでさんざん語りつくされているので、割愛します。
今さら、僕なんかがねえ。

歌詞はというと、僕のもっているオリジナル盤にはアーティスト側の意向らしく、歌詞が掲載されていないので詳しいことは分かりませんが、以前読んだMy Bloody Valentineのインタビュー記事でメンバーの誰かが「s0xのことしか歌いたくない」と語っているのを見たので恐らくそっち方面のことを歌っていると思われます。(ググれば普通に歌詞でてきます)

Lovelessのオリジナル盤が発売されたのは1991年。
さぞ衝撃的だったことだろう。
いまだにマイブラのフォロワーは後を絶たないものね。

そんなロックの金字塔『Loveless』のリマスター盤が、今年の5月30日に遂に発売されるらしいです。
これは嬉しい。

僕はずっと現代の技術でマスタリングすればLovelessはもっとすごくなるんじゃないかと思ってきたのだ。

ビートルズのデジタルリマスターすらスルーしてきた僕だけど、こっちはどうしても気になる。
というか、すでに買うことに決めている。

『Loveless』と同時に1stアルバム『Isn't Anything』のリマスター盤と未発表作集も発売されるんだそうな。
たぶんそっちも買っちゃうんだろうな、きっと。


Lovelessの中ではこの曲が一番好き
スポンサーサイト
[ 2012年04月30日 10:03 ] カテゴリ:音楽 | TB(1) | CM(2)

( )

ども~。近頃寝つきが悪く、なかなかナイスドリームを見られないヨークーです。

ああ、ナイスな夢がみたい・・。そして二度とこっちの世界に戻ってきたくない・・・。

なんちゃって。

先日ちょっとしたわけがあってブログの文章を原稿用紙に写したのだけど、ま~違和感がすごいです。

やっぱり改行や画像などのいろんな要素があってはじめてブログは成り立つんだと再認識しました。

原稿用紙に書くにあたって少し文章を論文調に修正したのですが、その作業も僕にはけっこう骨でした。

文章のフォーマットにそって文体を変えられる器用さがほしいなあ。

ただ、そういう技術というか器用さは、訓練すればある程度は身につけられるような気がします。

たぶんそれ以上に難しいのは、自分の文章の核みたいなものを見つけることなんじゃないかと思う。

根元にある思想さえぶれなければ、エッセイを書くにしても批評を書くにしてもその人らしいものが書けるはず。

自分が大切だと思うこと、これだけは譲れないと思うことはなんなのか。

そこなんだろうなあ、きっと。


この曲のリードボーカルはリンゴ・スターだったんだな・・・知らんかった
[ 2012年04月29日 19:57 ] カテゴリ:日記 | TB(1) | CM(0)

ランニング

ども~こにゃちは~
早朝ランニングなんていう慣れないことをしたために、もう既に一日の仕事をやりつくした感のあるヨークーです。

もう、いいかな、今日は・・・・

慣れないなんて書いたけど、実はランニングをはじめてからもうじき2年がたつ。

とはいえ僕は週に1回から2回適当な距離を適当なペースで走るというかなりのへなちょこランナーなので、胸をはって自分はランニング歴2年です!と言うことはできない。

しかも近頃は体調がいまいちでそれすらやってなかったし。
たぶん走ったのは一か月ぶりくらいだろうか。

ランニングをはじめた動機は、ランニングをすれば健康的になり、女の子にもて、宝くじに当たるという話を聞いたからだが、何一つとして実現していない気がするのはたぶん気のせいだろう。

まあなんだかんだ2年も続いているのだから、走ることがそれなりに好きなんだろうな。

走り終わった後の爽快感はなかなか他では得難いものがあるし。

ランニング後は、背筋がピンと伸びているのが自分でもわかる。

僕らしくなくて、とても素敵だ。

ランニング二周年の記念に新しいランニングシューズを買ってこようと思う。


そういえば某作家が走るときはシンプルなリズムのロックンロールがいいって言ってたな
[ 2012年04月28日 11:49 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

I'm so tired

近ごろ胃がすっかりお疲れモードだ。

食べ物を消化するのにやけに苦労する。

全く困っちまうぜ。

僕は疲れているとき、よくビートルズの『I'm so tired』が頭にうかぶ。

以下歌詞を一部抜粋してみる

I'm so tired, I haven't slept a wink
I'm so tired, my mind is on the blink
I wonder should I get up and fix myself a drink
No, no, no

疲れ果てたよ 一睡もしていない
疲れ果てたよ 頭がちゃんと働かない
起きあがって飲み物でもつくろうか
いや やめとこう

-ビートルズ(The Beatles) 【歌詞・和訳・動画・試聴】より-


きっとこの曲を書いたときのジョン・レノンさんもお疲れモードだったのだろう。
ボーカルもけだるい感じだし。

天才だって疲れるときは疲れる。

まあその疲れている状態をテーマに一曲作ってしまうあたりはさすがですが。

もちろん僕にはそんな才能はないので、ひたすら困っているばかりです。

オロオロo(;д;o≡o;д;)oオロオロ←ちょうどこんな感じ

余談ですがこの曲のI'm so tiredという部分はあいむ早~退~って聞こえるんですよね。

空耳まで疲れちゃってるというか(笑)

とにかくこの曲は僕にとっていろいろと疲れきっちゃってる曲なのだ。



[ 2012年04月25日 18:50 ] カテゴリ:音楽 | TB(0) | CM(2)

Mr.メランコリック

今日はなんだかメランコリーな気分で、文章もそんな感じになってしまうかもしれませんが、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

ラース・フォン・トリアー監督の作品に、『メランコリア』という映画があります。
-以下ネタばれあるかもです-







僕はその映画を見たことがないので詳しくは知りませんが、どうも最後に地球が滅んじゃうらしいです。

う~ん、メランコリック。

The Smashing Pumpkinsというバンドの作品に、『メロンコリーそして終りのない悲しみ』というアルバムがあります。

その世界の中では、人魚や正体不明の生き物たちがたくさん登場します。
そして、“今夜”だけは不可能は可能です。

これもまたメランコリック。

それにしてもメランコリーという言葉の響き自体は、あんまりメランコリックではないですよね。
むしろ幻想的な、創造的な感じがします。

それに比べて日本語の憂鬱という言葉は響きも見た目も見事にメランコリックしてます。
特に“鬱”という言葉の威力はハンパない((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

なるべくお目にかかりたくない言葉ですよね。


tonight impossible is possible!
[ 2012年04月24日 17:41 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

ガットゥーゾとダービッツ

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2012年 5/10号 』のガットゥーゾダービッツの記事について思うことがあったので書いてみます。

ガットゥ4 ダービー
       ガットゥーゾ                   ダービッツ   
 
彼らはともに豊富なスタミナと不屈の精神力を持つファイター型のサッカー選手です。

ボールを奪いにいくときの鬼気迫る表情や、最後の一分間まであきらめない闘争心は見る人に強い印象を与えます。

試合終盤になって他の選手の足がとまっているなか、全速力でピッチを上下する彼らの姿は人間離れしてみえたものでした。

僕は一時期「一生懸命」という言葉を聞くと反射的にガットゥーゾの顔が頭にうかんできて困ったことがあります(笑)

そんな彼らは強烈なパーソナリティーをもった選手としても知られています。

ダービッツは行く先々でチームメイトや監督と衝突を繰り返しました。

なんでも、初対面の記者に向かって「君の服のセンスは最低だな。」と言ったとか言わなかったとか・・・

それを言っちゃあまずいですよね。(笑)
思ったことを胸にしまっておけない人なんだろうなきっと。

ガットゥーゾも多くの逸話を持つ選手ですが、やっぱり有名なのは「のど輪事件
試合に勝利し、喜びを爆発させたガットゥーゾが監督にのど輪をくらわせたというガットゥーゾらしすぎるエピソードです(笑)
この光景は日本のテレビでもよく放送されたのでご存知の方も多いかと思います。

このような強いな個性があるからこそグラウンドでの彼らがあるのだと思うと、彼らの破天荒な振る舞いまで好ましく見えてきちゃいますよね。(近くにいる人たちは大変かもしれませんが)

実際ピッチ上で自らを自由に表現する彼らの姿はメチャクチャかっこいいです。あこがれちゃいます、本当に。

現在の彼らはというと、ダービッツはwikiによると無所属ということになっています。まだ現役なのかしら。

ガットゥーゾのほうは所属クラブのACミランで13年目のシーズンを送っています。
昨年脳神経麻痺による左目の視聴覚異常という奇病におそわれるも復活し、先月から戦線復帰をはたしています。

彼らの雄姿を目にする機会は減りつつありますが、彼らのプレーと強烈な個性は見る者の記憶とサッカーの歴史の中に残り続けます。


「戦士」じゃなくて「騎兵」だったけどまあいいか(笑)
[ 2012年04月23日 19:12 ] カテゴリ:サッカー | TB(0) | CM(0)

ギブ me いまじねーしょん

今朝、散歩の途中で中学のときに部活の友達とよく鬼ごっこをして遊んでいた墓地に寄ってきました。

あのころ、僕たちは..................................
おっと、危ない危ない。

このままいっていたら中二病まっさかりの文章になってしまうところだった。

さて、今日の話題。

近頃JKだのKYだのAKBだの、日本語をアルファベットを使って略した言葉が増えてきましたよね。(AKBがこの例に当てはまるかどうかは分かりませんが)

やっぱり短くて使い勝手が良いからなのかしら。

日本語化しつつある外来語の数もすごい勢いで増えてきているように思います。

IT用語なんかはほとんど英語ばっかりです。

お金をプールするとかいきなり言われても、何のことだかわからないですよね。
それとも、やっぱり僕に常識がないのだろうか。
・・・たぶんそうなんだろうな、きっと。

こんなふうに様々な言葉を吸収してボキャブラリーを急速に増やし続けている日本語ですが、個人的に英語を日本語化した言葉の中で一番好きなのが、なう(now)。

この言葉は使い勝手がいいし、それに響きもなんとなく可愛らしいですよね。

これを考えた人は頭がいい!センス抜群すぎる!スンゲェ───∑(゚∀゚ノ)ノ───ッ!!

その抜群の発想力を僕にもください!



「墓地」なので。ただそれだけっす
[ 2012年04月22日 17:04 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(1)

TODAY

今日は朝起きてすぐに悪い予感というか、体調悪いフラグがびしびし立っているのを感じました。

残念ながらその予感は当たってしまい、今日はいまいち体調のさえない一日でした。

でも一日中家にいるのはもったいないし、悲しい気分になってしまうので、さっき散歩に行ってきました。

体も暖まったし、気分転換にもなったので、行ってよかった!

これで少しは今日を明日につなげることができた!・・・はず。

明日が、未来が大切だから、今日一日できる限りベストをつくすこと。

いつだって一番大切で、一番楽しいのは、今日。

分かってはいるのだけど、なんだかすごく悲しくなってしまうときが僕にはあります。


Today is the greatest!
[ 2012年04月20日 19:39 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

シャウアプフ「ま・・それだけのこと・・」

ついさっき本屋に行って漫画を買ってきました。

そう、それが今日のブログの「ネタ」です。

たったそれだけのことをネタにするなんて・・・

でもそんな当たり前のことが、僕にはちょっと「キツイ」ときがあったりします。

本屋に行ったわけは、なんとしても「ジョジョリオン 2 (ジャンプコミックス)」の2巻が読みたかったから。

ジョジョリオンのためだったら、たとえ火の中水の中・・・

ipodのイヤホンを耳につっこんだら、うおら~行くぜ~!

いったん外に出ちゃえばけっこう行けるんですけど、それまでがなかなか・・・

果敢に立ち読みなんかもしつつ、無事にジョジョリオンの2巻をゲット!

いや~よくやったよ、俺。
がんばったがんばった。

さ~て、念願のジョジョリオンをゴロゴロしながら読んでやろうじゃないか。
あ、そういえば「ジョジョの奇妙な名言集 part1〜3 <ヴィジュアル版> (ジョジョの奇妙な名言集)」も発売されたんだった!
ま~それはまた今度でいいか。


本屋に行く途中、ずっとこの曲をリピートして聞いてました。鳴り止まないっ!
[ 2012年04月19日 16:27 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(1)

カプール

さっき散歩の途中で、高校生らしきカップルを見かけました。

桜の木の下のベンチに座って、彼らはなにやら楽しそうにおしゃべりしていました。

桜の花びらが舞い落ちる中、彼らの姿はなかなか絵になっていました。

そういうのってけっこう素敵ですよね。

うらやましいというよりかは、ただいいなあと思いました。

まあでも一応お約束通り言っておこうかな。

リア充爆発しろ!

毎回思うけど、リア充っていうのはいったいどんな人のことを指すんでしょうね。

[ 2012年04月18日 17:24 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

神聖かまってちゃん「夕方のピアノ」

まだまだ続く神聖かまってちゃん

今回はかまってちゃんの曲にフォーカスして書いていきます。

神聖かまってちゃんから一曲選ぶとしたら、僕は「夕方のピアノ」を選びます。

他にもいい曲はたくさんあるのですが、この曲は傑出していると僕は思うのです。

好き嫌いはともかく表現の形として、「夕方のピアノ」は極めて優れています。

ギリギリまで追い詰められた人間の精神を音楽の形にすると、このような感じになるんだと思います。

美しいピアノのリフと、ボイスチェンジャーで加工された子供が泣き叫ぶようなボーカル。

繰り返される「死ね」。PVの暗く悪意をもった夕日(デモ版のほう)。

そのすべてが夕方のピアノの世界をつくりあげています。

この曲を聴くのはつらいです。
いったいどうしてここまで追い込まれてしまったのだろうと、胸が痛くなります。

にも関わらず、何度も何度もリピート再生してしまう強い中毒性がこの曲にはあります。
それは、この曲が一つの完璧な世界を構築しているからだと思うのです。

これはやろうと思ってもなかなかできることではありません。

YouTubeのコメントの中に「聞くに堪えない。これは曲じゃない。これは悲鳴だ。」みたいなコメントがありましたが、実はこのコメントは的を得ているというか、いいことを言っていると思います。

たぶん、この曲は悲鳴なのです。本来なら聞くに堪えない個人的な悲鳴にメロデイをつけ音楽として普遍性を与えたのがこの曲なのだと思います。

誰にでもできることではないですよね。こういうのを聞くと、やっぱりの子には才能があるんだなと思います。
いいな~才能。欲しいな~才能。

現在の最新アルバム『8月32日へ』収録の「26才の夏休み」での子は「僕は変わった」と歌っています。

きっと彼は夕方のピアノの世界から、新しい世界へ足を踏み入れたのでしょう。

恐らく次のアルバムは神聖かまってちゃん第二幕の幕開けになるはずです。

の子君がどう変わったのか、すごく楽しみ!

[ 2012年04月17日 18:00 ] カテゴリ:音楽 | TB(0) | CM(2)

神聖かまってちゃん

またしても神聖かまってちゃんについて。

神聖かまってちゃんにすっかりはまってしまった。

一つのバンドにこれほど夢中になるのはいつ以来だろう。

僕は自分の感受性の最も豊かな時期は過ぎてしまっていて、もう以前ほど深く音楽に感動できることはないのではないかと思っていたので、これはすごく嬉しい誤算です。

良かった良かった。

中二病って一回こじらせるとなかなか治らないものですね(笑)

さて、今回は神聖かまってちゃんの曲云々ではなく、彼らの戦略というか、プロモーション方について書いていこうと思います。

かまってちゃんのプロモ-ションの特徴の一つとして、デモ音源の存在があげられます。

彼らの公式ブログ「子供ノノ聖域」には、の子が一人でつくったデモ音源が不定期にアップされます。
一度アップされた音源はその後いつでも無料でダウンロードすることが可能です。

そのデモ音源にの子以外のかまってちゃんのメンバーやエンジニアが手を加えたものがCDとして商品化され、販売されます。

つまりかまってちゃんのほとんどの曲は、一曲につき2つのバージョンがあるのです。
アルバム収録中の曲にはデモ音源があがっていない曲もあるので、全てがそうだとは言い切れませんが。(逆にネットにはアップされているのにアルバムには収録されていない曲もあります)

おもしろいのは、CD版よりも無料でダウンロードできるデモ音源のほうができがいい曲が多いこと。
CD版を好む人もいると思いますが、僕はデモのほうを聴くことが多いです。

CD版はノイズっぽさが取り除かれアレンジも聴きやすくなっていますが、デモ音源がもつ得体のしれない中毒性もなくなってしまっています。

美ちなる方へ」や「ロックンロールは鳴りやまないっ」なんかは明らかにデモ版のほうが優れていると僕は思います。

これだとCDを買う気がおこりませんよね。

僕はCD版の別アレンジも気になるし、アルバムにのみ収録されている曲を聴いてみたいのでCDも買いますが、無料のデモ音源のみで満足する人もけっこう多いのではないかと思います。

このやり方では、一見すると自分の首を自分でしめているみたいですよね。

でもこれが、彼らのやり方なのです。

神聖かまってちゃんは自分たちのライブ映像から、はたまた楽屋での雑談までニコニコ生放送Ustreamを通して視聴者に生配信をします。

お金をはらってCDやライブチケットを買わなくても、インターネットに接続できさえすれば、神聖かまってちゃんをめぐるサークルに自分も参加することができる。自分も彼らの活動に関わっていると感じることができる。

彼らのやり方だからこそ生じる特殊な一体感が、神聖かまってちゃんとファンの間には存在します。
それってすごくおもしろいことだと思うのです。

インターネットの普及とともに、音楽に限らず様々な分野で以前では考えられなかったような新しい試みが行われるようになってきました。

神聖かまってちゃんのやり方も、時代とうまくリンクした新しい方法の一つだと言えるでしょう。

音楽的な面だけでなくこのような視点から見ても、神聖かまってちゃんは今最もおもしろいバンドのひとつだと思うのです。
かまってちょ

[ 2012年04月16日 19:06 ] カテゴリ:音楽 | TB(0) | CM(0)

楽しい自宅警備

こんばんみ~。
パソコンの前にかじりついてCOACHELLA 2012フェスを見ていたらいつの間にかこんな時間になってました。

なので、今日も特に書くことはないです(笑)
困ったぜ。

とは言っても今日が特別何もない日だったわけではなく、僕の日常はだいたいこんな感じです。
あまり刺激的とは言えませんよね(´▽`)

たぶん女子高生とかだったら退屈で一日ももたないんだろうな、きっと。

しかし世の中本当に便利になりましたよね。

なんせ家にいながら米カリフォルニアでやっているロック・フェスティバルを生放送で見られるのだから。

今となってはすっかり当たり前のように思えるけど、それって実はすごいことですよね。
ネットがなかったころは、海外のバンドの情報源は音楽雑誌くらいしかなかったわけで。

ネットがなかったころ自分がどうやって生きていたのか、もはやさっぱり思い出せません。

さてと、明日の警備に備えてそろそろ風呂に入ることにしよう。
それではグッナイ!
[ 2012年04月15日 20:31 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

今日!

美容院に行く勇気がなかなかでないまま2ヶ月以上が経過し、そろそろ髪型がヤバいことになってきているヨークーですこんばんは。

さて、4月14日はみなさんにとってどのような一日でしたか?

なんかいいことありましたか?

彼氏ができたり、彼女ができたりしましたか?

僕のほうは特に何もせず、一日中ボケ~っとしていたので特にブログに書くようなことはないです(笑)

まあボケ~っとしながらも、頭の中ではあんなことやそんなこと、いろいろなことを考えていたのでそれをネタに書いてもいいのですが、恐らくそれをやってしまうとキモいキモいと言われた挙句、誰もこのブログを見にきてくれなくなってしまうと思うのでそこは自重しておきます。

明日4月15日はどのような一日になるんでしょうかね。

明日がよい一日になることを祈って。

それでは良い夢を!グッナイ!ちゃお!
[ 2012年04月14日 23:00 ] カテゴリ:日記 | TB(1) | CM(0)

ローソンのど真ん中でキョドってみた

ここ3日ほどブログの更新をさぼってましたが、そんなことはなかったかのようにいってみよ~。

今朝7時過ぎに、通勤通学のサラリーマンや学生でごったがえす近所のローソンで立ち読みしてきました。

なぜそんなことをしたのかといえば、「仕事がないことなんて全然気にしてないもんね~♪」という極めて器の小さいアピールをするためです。

まあ本当に気にしていないのであれば、そもそもそんなことしようとは思わないのですが。

そこらへんのことは分かってます、自分でも。なんかいろいろとすいません。

で、実際やってみると、僕みたいな自意識過剰人間にとっては、ま~緊張する。
読んだ漫画の内容ほとんど覚えてない・・・

ちなみに『闇金ウシジマくん』を読んだのですが、現在のウシジマくんはなんだか僕みたいなやつがメインキャラクターになってますね。

きっとあいつも今にひどい目にあうんだろうな・・・
恐ろしや恐ろしやガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

漫画を読み終えてあたりを見渡してみると、周りはこれから向かう場所がある人ばかり。

宙ぶらりんなのは、なんだか僕一人だけみたいだ。

まあいいのさ、それでも。
僕は僕のやり方で、きっと突破してみせるのだぜ!だぜ!
[ 2012年04月12日 21:36 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

タイトル変更

どもども、コニチハ~。

突然ですが、ブログタイトルを変更してみました。

4月に入り、僕をとりまく状況もいろいろと変化し......っていうかただ単に変えたくなったので変えちゃいました。

ではでは~
[ 2012年04月09日 09:45 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

神、降臨

みなさま、突然ですが2012年の今年、日本に神が降臨します。

日付は7月29日。場所は新潟県、苗場スキー場。

そう、FUJI ROCK FESTIVAL '12の3日目のトリを、Radioheadがつとめることが発表されたのです!(ずいぶん前に)

キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

さすがにこのときばかりは、僕のテンションも急上昇。

なんせ僕という人間の構成要素の六分の一くらいはRadioheadの音楽でできているといっても過言ではないほど、僕は彼らの音楽を愛しているのだ。

僕のHNのヨークーも、Radioheadのフロントマンのトム・ヨークから、勝手にいただいちゃったものです。(でも正直、最近ちょっと恥ずかしくなってきました)

彼らの音楽への誠実さや、ストイックな取り組みを僕は心から尊敬しています。

これは行くっきゃない!

しかし如何せん、苗場は遠い。

それに行くとしたらおそらく一人で行くことになるので、泊まる場所やアクセスなど様々なことを調べなければならない。
そして何より、苗場まで一人で行くのはさびしい。

他にも体調はだいじょうぶかとか、あれやこれや考えているとなかなかチケットを買う勇気がでません。

きっと今こそ僕のRadioheadへの(というかトム・ヨークへの)愛が試されているのでしょう。

神様、仏様、トム・ヨーク様、どうか僕に苗場に行く勇気をお与えください!!

thom 変顔
お戯れ中のわが神(なぜわざわざこの写真にしたし・・)


僕の最も好きな楽曲の一つ。個人的にはギターミュージックの最高峰だと思う。PVがダサいのはご愛嬌。
[ 2012年04月08日 07:29 ] カテゴリ:音楽 | TB(0) | CM(0)

朝4時半

目が覚めると、外はまだ真っ暗だ

時刻は4時30分

空にはまだ月が輝いている
満月だ

朝刊を配る郵便配達員のバイクの音が聞こえる

腹が痛い

まだ起き上がりたくない

早すぎる

でももう眠れそうもない

いったいなんなんだ、これ

どうしてこうなった
どうしてこうなった

・・・それでも今日はもうはじまっている
まったなし

もう1、2時間もすれば太陽が顔をだすだろう

さてと、今日もやってやろうじゃありませんか
[ 2012年04月07日 05:10 ] カテゴリ:日記 | TB(1) | CM(0)

なんとかメモライザ

春うらら、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近やっと暖かくなって、春らしくなってきましたね。

スギ花粉の飛散量が減り、個人的にも過ごしやすくなってきました。

4月に入り、進学や就職などの新たな一歩を踏み出した方も多いと思います。

僕はといえば、無敵の無職状態。

予定はゼロ。

何をしてもいいし、何をしなくてもいい。

まさに敵なし。

というわけで(どういうわけだ)、公園に散歩に行ってきました。

そう、もちろん太陽の光の下を散歩して、心と体を鍛えようという明確な目的があってのことです。

決して無目的にだらだらしたり、さぼっているわけではないのです。

そ、そう...け、決してそんなわけではな、ないので....あ...

花見3
みんな花見してた。楽しそうだ~


[ 2012年04月06日 19:21 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

アナキン・スカイウォーカーの未来

この間、映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D』を見てきました。

僕の行った上映回の観客は、なんと僕一人!

誰もいない劇場で一人で3Dメガネをかけて、とびでるアナキン・スカイウォーカーやらオビ=ワン・ケノービやらを見てきました。

途中でわざわざスクリーンを横切ってトイレに行ったりしたのですが、誰からも文句は言われませんでした。
まあ分かってたんだけどさ・・・

う~ん、これは映画というメディアそのものの問題なのだろうか。
それとも僕の知らないうちにスターウォーズがオワコンと化してしまったのだろうか。

う~ん、その両方なんだろうな、きっと。

もうみんなフォースジェダイなんてどうでもいいのだろう。
アナキン・スカイウォーカーがどうなろうが、知ったこっちゃないのだろう。

上映終了後、3Dメガネを回収しにきたアルバイトらしきねーちゃんはすっぴんで、まゆげがほぼなかった。

う~ん、映画の未来は、スターウォーズの未来は、アナキン坊やの未来は、本当にだいじょうぶなのだろうか・・・

アナキン
アナキン坊やこんなにかわいいのにな・・・
[ 2012年04月05日 18:38 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(5)

ピアノが好きさ!

ピアノの音って素敵ですよね。

僕は数ある楽器の中でもピアノが大好きです。

ピアノの音を聞くと昔の思い出がよみがえってくるのは、きっと僕だけじゃないはず。

僕の場合は、中学生のころのことをよく思い出します。
あと、引きこもってたときのことも。

夕暮れ時の誰もいない教室や、ほこりをかぶった年代物のブラウン管テレビ。
そんな光景が、ピアノの音をトリガーに、ふわっと頭にうかんできます。

不思議なのは、その光景がすごく暖かくて、優しいこと。

中学のときも引きこもっていたときも、つらいことや悲しいことはたくさんあったはずなのに。
怒りや憎しみを感じていたはずなのに。
それなのに。

たぶん僕は、そのことにすごく救われてる。

僕の好きな散歩コースの途中にはピアノ教室があって、そこでは小学生ぐらいの子供たちが「猫ふんじゃった」とかをひいています。

その音を聞いていると、いろいろあるけど、今だってけっこう悪くないじゃないか、って思えるんですよね。

彼らの演奏を聞くことことは、今の僕の大きな楽しみの一つです。

ピアノって、いいですよね(*´ω`*)

[ 2012年04月04日 21:02 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

リハビリ in そば屋

今日はそば屋でお昼ご飯を食べてきました。

「人の集まる場所」に行くのは、病院をのぞけば約2週間ぶり。

僕にとっては、ちょっとしたリハビリも兼ねた外食でした。

店に入ってみると、やたらと混んでる!
近くでやっているお祭りの影響か・・・。

しかも受付が高校生ぐらいの女の子だ!春休みだからか・・。
き、きつい・・・。いつものおばちゃんがよかったんだぜ・・・。

リハビリ初期段階にしては、ハードすぎないか、これ・・・。
いつもはもっとがらがらで、平均年齢だって53歳くらいなのにな・・・。

なんてことを考えてるうちに、注文した鳥南蛮がやってきました。
僕はそば屋に行くと、だいたい鳥南蛮を頼みます。(そんなことどうでもいいですよね)

で、さっそく食べ始めたわけですが、さっそく上半身、特に顔がすごく熱くなってきました。荒ぶる自律神経。
僕はどうも自律神経に問題があるらしく、体温の調節がうまくできないのです。

一応完食し、店の外へ。
そば食べただけなのに、疲労感はんぱない・・・。
10キロ走った後よりも疲れてる気がするんですけど・・・。

まあこういうのも、僕にとってはもう慣れっこだったりします。
久しぶりの状況だったので、仕方がない。
次はきっと、もう少し楽になるはず。
へこたれずに、一歩一歩やるしかないっすね。
[ 2012年04月02日 19:46 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

ヨークー

Author:ヨークー
またしてもニート
→もっと詳しく

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

Twitterでつぶやいています
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。