ニート A

ま~た戻っちまったよ・・・・・ニートによ・・・・・・
ニート A TOP  >  趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年の私的音楽事情

僕にとっての2013年はほぼゆらゆら帝国とその周辺のみを聞いていた年であった。今年1月に発売された坂本慎太郎の「まともがわからない」にはまって以来すっかりゆらゆら帝国に目覚めてしまった。特に「sweet spot」と「空洞です」は何度聞いたか分からない。これからもこの2枚を聞くたびに結局最後までニートだった(そうならない可能性もわずかにあるが)2013年を思い出すだろう。

ゆら帝以外には坂本氏が影響受けたという古いロックを多く聞いた。坂本氏が好むバンド(suicide等)は正直僕には何がやりたいのかよく分からないバンドが多くまだ咀嚼しきれていないところも多々あるものの 、概ね新しい表現に出会えた刺激的な音楽体験ができたと思う。

その反面今年は過去最も新譜を買わなかった年でもあった。洋邦合わせても両手で足りる程度にしか新譜には手を出さなかったと思う。これはやっぱり寂しいことなんだろうな。毎年音楽が更新されていると思いたい。過去を下敷きにより刺激的になっていると思いたい。今の自分が去年の自分よりはマシだと思いたいのと同じように。

僕が聞いた数少ない新譜の中で選ぶとしたら邦楽は坂本慎太郎の「まともがわからない」洋楽はdeerhunterの「monomania」を挙げたい。邦楽は上記のもの以外全てはずれだった。相対性理論「town age」も正直肩透かしだったし。deerhunterにはけっこうビリビリっときた。ブラッドフォード・コックスの死にかけのコオロギが無理やり絞り出すような(誉めてます)痛々しいボーカル。ビートルズのようなグッドメロディーの曲でさえ彼の声がのるとどうしようもなくいびつで歪んだものになってしまう。この人は普通の人達の中にまぎれるのは無理だと思うので、恐らくこれからも音楽を続けていくだろう。たまに自分の人生がエクストラハードモードに思える人にはけっこうくるバンドなのでは。




スポンサーサイト
[ 2013年12月20日 12:19 ] カテゴリ:音楽 | TB(0) | CM(0)

ライブに行きたい

昨日は神聖かまってちゃんのライブに行ってきた。
昨日は体調がいまいちだったから行くか迷ったのだけど、行ってしまえばなんだかんだで楽しかった。

やっぱりライブは楽しい。これからも月に一回くらいはライブに行きたい。
来月は岡村ちゃんこと岡村靖幸のライブに行きたいのだけれど、誰か一緒に行きませんか?
ももクロでもいいよ!
[ 2013年01月06日 20:56 ] カテゴリ:趣味 | TB(0) | CM(0)

夏の魔物

先週の21~23日にかけてロックフェス「夏の魔物2012」に参加すべく青森に行ってました。
それにしても夏の魔物は寒かった!

やたらとタイムスケジュールが押してたこと除けば夏の魔物は良いフェスだったと思います。3時間遅れっていうのはちょっとねぇ。深夜1時のあの寒さの中オウガを見た人がはたしてどれほどいたのだろうか・・・
個人的にはかまってちゃんやスチャダラパーなどのお目当てのアーティストも見られたし満足です。フェスならではの発見もありましたし。それはアイドルのライブを体験できたこと。名前も知らないアイドルのライブだったけれどもすごく楽しかったなぁ。とにかくファンの熱さにびっくりしました。踊りの切れが良すぎる!今回のフェスを一番楽しんだのは彼らなんじゃないだろうか(笑)。あまりの熱さにちょっと尊敬してしまいました。いやあ、あそこまで身を捨てるっていうのはなかなかできることじゃないですよ、本当に。彼らを見習って今度どっかのアイドルの握手会にでもいってみようかしら(割と本気で)

と、こんな感じでぼちぼち夏も終わりに入ってきましたね。蝉の声もおとなしくなってきて少しさびしい今日この頃です。皆様季節の変わり目なので体調を崩さないように気を付けてくださいね。そいじゃーまたまた!

夏の魔物_convert_20120924135559
[ 2012年09月25日 09:53 ] カテゴリ:趣味 | TB(0) | CM(0)

楽器店の主役

ここ数年間の間に楽器店の内装はずいぶん様変わりしたように思える。今から5、6年ほど前には、楽器屋に入ると有名なミュージシャンやギタリストの写真やポスターが目に入ってきたものだった。スラッシュやらマイケル・シェンカーやらのポスターが、彼らの使用モデルのギターの横に張り付けられていたのをよく覚えている。ところがここ2、3年の間に、彼らの姿を楽器屋で目にすることはめっきりと少なくなった。ジョン・レノンやカート・コバーンは今も変わらずよく目にするものの、楽器店においては以前よりも確実に実在するミュージシャンの影は薄くなりつつある。その代わりに急激に目立つようになったのがアニメやボーカロイドのキャラクターたちだ。特にアニメ「けいおん!」のキャラクターたちの台頭は凄まじく、彼女たちの姿を見かけない楽器店はほぼないと言ってもよいほどだ。売り場の目につきやすい場所には、だいたい「けいおん!」のキャラクターのポスターと、彼女たちの使用モデルのギターやベースが置いてある。店内には「けいおんはじめよう!」というキャッチフレーズの書かれたビラが置かれている。キャラクターグッズの売り上げも盛況なようだ。
 
 楽器店の主役が3次元から2次元に取って代わられた理由は言うまでもないだろう。今の若い世代に最もアピールするのが、そのようなゲームやアニメ音楽だからだ。僕たちがゆずやラルクアンシエル、もしくはビートルズなどにあこがれてギターを手にしたように、 今の中学生、高校生はけいおん!や、ボーカロイド音楽に触発されてギターを買う。僕たちがゆずの「夏色」をカバーすべくギターの練習をしたように、彼、彼女らは「ふわふわタイム」をカバーするためにバンドを組む。

 このように書くと隔世の感があるというか、状況はずいぶん変化したように思えるかもしれない。しかし、それは表面的なことに過ぎないように僕には思える。僕たちはわくわくしながらギターを手に取った。バンドを組めばなにか楽しいことが起こるかもしれない。あるいは女の子にもてるかもしれない。そんなことを思い、バンドを組んだ。そこのところは、今の世代だってあまり変わらないはずだ。

 近年は、残念ながらロックやギターミュージックの求心力は以前よりも落ちつつある。チャートを見てもロックバンドの名前を見かけることは少なくなった。そんな状況の中でもう一度バンドやギターに目を向けさせるきっかけとなったのがアニメやゲームなどの2次元文化だったように思う。もちろんいいことばかりではない。2次元音楽はどうしても画一的になりがちだし、これはちょっとなぁ、と思うものもたくさんある。それでも、少なくともロックミュージックの視点から2次元音楽の功罪を比べれば、功のほうが大きいと僕は思う。だからこそ僕にはアニメのキャラクターに占拠されている現在の楽器店の状況がそんなに悪いものだとは思えないのだ。

 
[ 2012年08月19日 10:46 ] カテゴリ:音楽 | TB(0) | CM(0)

西VS伊

グループC最大の注目カードであるイタリアVSスペインの一戦は、常に得点の気配が漂う見ごたえのある試合となった。

どちらのチームも“攻撃”を念頭に置いてたたかっていた。

スペイン相手に臆することなく立ち向かっていったイタリアは素晴らしかったと思う。
一時は先制点を奪い、勝利すら予感させた。
後半は運動量が落ちスペインにボールを回されがちだったが、おおいに可能性を感じさせる内容だった。

もう一度この2チームの対戦を決勝トーナメントで見てみたい。


ピルロ2イニエスタ

左   イタリアの司令塔ピルロ。イタリアの攻撃は彼からはじまる。
右   この日のイニエスタは誰にも止められなかった。狭いスペースをスルスルっとあがるドリブルは圧巻だった。
[ 2012年06月14日 19:43 ] カテゴリ:サッカー | TB(1) | CM(0)
プロフィール

ヨークー

Author:ヨークー
またしてもニート
→もっと詳しく

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

Twitterでつぶやいています
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。